住宅ローンの変動金利を組んだ場合のデメリット紹介


前回は住宅ローン変動金利型を組む場合のメリットについて紹介しましたが、やはり実際に住宅ローンを組むとなるとデメリットの面もしっかり確認してから行うのが普通ですよね。

そんなわけで、今回は住宅ローンで変動金利を組む場合のデメリットについて紹介したいと思います。

実際に住宅ローンでの変動金利型ローンは、変動金利と言うくらいなのでしょっちゅ変動していると思っている方もいるかもしれませんが、実際は5年ごとにしか返済額がかわらないと、金利の上昇を感じにくいかもしれません。

しかし、目には見えなくても確実に、返済額に占める利息の割合は増えています。しかも、急激に金利が上がれば、負担すべき利息が毎月の返済額を超えてしまうこともあるかもしれません。

このような、返済額を超えた部分の利息を「未払い利息」と言います。
未払い利息が発生すると、返しても返しても元本が減らないところか、未払い利息分だけ、将来返済がますことになる可能性もあります。

まとめと、住宅ローン変動金利型デメリットとしては、
1将来金利が上昇するリスクがあること。
2返済額の上昇で家計が苦しくなる可能性があるという。

2点が考えられます。

変動金利型ローンの場合、早く返済出来る人や低金利を見込める自信がある人にはとても魅力てきなローンだと思います。
住宅ローン変動金利型ローンにしようと考えている方は参考にしてみて下さい。
posted by 住宅ローン初めてでも損をしない金利を安くする方法紹介 at | 変動金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXを比較する